¥0
¥300000
  • お宮参り
  • 結婚式
    • 未婚女性
    • 既婚女性
  • 七五三
  • 結納
  • 卒業式
    • 小学生
  • 入学式
  • パーティー・祝賀会

身長

指定なし

ヒップ(11才以上)

指定なし

胴囲(3才~10才のお子様のみ)

指定なし

“着物”の時期

着物は生地や仕立て方によって、それぞれの着る時期が分けられています。

着物の種類 時期 仕立て方
袷(あわせ) 10月~5月 着物の裏地となる胴裏(どううら)と八掛(はっかけ)を付けて仕立てた着物。
単衣(ひとえ) 6月~9月 裏地を付けずに仕立てた着物。

単衣の着物の中でも絽や紗(しゃ)など、生地が薄いものになると、「薄物(うすもの)」と呼ばれ、7月~8月の盛夏に着用をします。 最近では、5月や6月でも夏日になったり残暑が厳しいことから6月~9月でも着ることが増えています。

着物の常識とされてきたことが、近年ではどんどんと更新され、絽の着物を着る時期も伸びています。赤ちゃんやお母さんの快適さを一番に考えてお選びください!

これまでは、絽の着物を着る時期ゆうたら、だいたい6月下旬から9月上旬ていわれてたけど。
最近は気候も変わってきたし、正装やお茶、お花の習い事やなかったら、気温に合わせたらええと思うわ。
暑かったら絽、寒かったら袷(あわせ)を着るのがオススメやね。
まぁ気温の目安は25℃(夏日)、洋服で半袖を着る時期と一緒。
和装は季節の先取りがお洒落と言われてるさかい、早いのはええけど。ちょっと寒なる秋口になれば袷の方がおすすめやなぁ。

絽とはどんな着物?

絽(ろ)の着物は、見た目に透け感があり涼し気に見える夏用の着物です。
平織ともじり織という織り方を混ぜ合わせたもので、夏の正装着物から帯揚げなどの小物、襦袢などにも使われます。夏に一番目にすることが多い素材でしょう。

絽の産着を着る

通年用の袷の産着は先ほどご説明したとおり、裏地がついています。また、織り方も透け感が無い為、夏に着用の場合は風通しなども気になってくるところです。
絽は単衣で裏地がなく、生地自体の織り方も透け感がありますので見た目・着用感も袷のものより涼しくなります。
神社などの外や暑い場所で、ある程度の時間産着を着用して過ごされる場合は絽の産着がおすすめです。

袷の産着を着る

夏の時期といえど、袷の産着を着ることも珍しいわけではありません。もともとお手持ちの産着を着られる場合などは、通年用の袷になることが殆どでしょう。 袷にしかない色味や柄で選びたい場合や、着物の写真映りをはっきりさせたい方などは袷を使われてもいいですね!

夏日に長い時間袷の着物を着られると、赤ちゃんやお母様(お祖母様)が熱中症になりやすい可能性があります。時間帯や場所を見ながら着せてあげて下さいね!

夏の暑い盛りは、しきたり通りに参りたい人や、帰省を兼ねてお宮参りしたい人は絽の産着が重宝するで

産着レンタル

かしきもの宅配レンタルの特長Characteristic